社長挨拶

「共創」と「挑戦」で、未来を築く

私たちの使命

平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

私たちは、1964年の創業時より情報サービスのプロフェッショナルとして、お客さまをご支援する専門性の高いソリューションをご提供してまいりました。

I Tの活用がビジネスの鍵となった今、著しく進展し続けるI T をいち早く取り入れお客さまのビジネスと結びつけ、新たなビジネスモデルを「共創」していくことが、お客さまのビジネスパートナーとしての私たちの使命です。

新しいITをお客さまのビジネスにどのように生かすのか。常識にとらわれないさまざまなアイデアを組み合わせて、最適なソリューションを創ることが私たちの最大の強みです。選択と集中で的確なソリューションを創りあげ、そこに高い付加価値を生み出してお客さまの成長戦略に貢献する。そして、そこに「正のスパイラル」を巻き起こすことが私たちの目指す姿であります。

幅広い分野のお客さまに私たちが創るソリューションをご活用いただくことによって、社会全体の発展に貢献し、未来を築くことができると私たちは信じています。これからも、多くの皆さまに幸せを感じ笑顔になっていただけるよう、努めてまいります。

お客さまとともに未来へ

 事業を推進する上で強く感じているのが、5年、10年、そして数十年の間に社会に起こるであろう大きな変化を見据えて、長期的な視野で取り組むことが肝要であるということです。

 当社では、新しいビジネスの創出を目指して2017年に株式会社アイネス総合研究所を設立しました。直近の業務改革を推進するチームと、未来の社会像や新技術等を対象としてリサーチするチームで構成しています。

 お客さまにとって最適なソリューションを創ることが私たちの強みですが、その強みをさらに強化するために研究と実証実験を重ねて多くの情報を集め、さまざまな技術を培っています。また、限りある自分たちの力だけにとどまるのではなく、お客さまとの「共創」はもとより、国の機関や教育機関、他の企業などとも連携して具現化していくことにも取り組んでおり、日々、新たなアイデアや刺激を受けています。それは、新しいものを生み出すための「挑戦」であり、そ

のベースには「自ら考えて行動に移し、結果に責任を持つ」という強い信念がございます。

ステークホルダーの皆さまへ

 私たちが創業から50年を過ぎて事業を継続できているのは、ひとえにステークホルダーの皆さまのご支援によるものと感謝いたしております。

 今後さらに、情報サービスのプロフェッショナルとして事業を推進していくことで社会の発展や社会的課題の解決に貢献し、企業価値を向上させてまいります。

コンプライアンスをさらに強化し、企業の社会的責任を果たすことで、皆さまから信頼され、社会から必要とされる企業となるよう不断の努力をしてまいりますので、引き続きのご支援を賜りますようお願い申し上げます。