コンプライアンス

コンプライアンスについての基本的な考え方

アイネスでは、「コンプライアンス=社会の期待に応えること」であり、「法令遵守」だけではなく、「会社の規則・規程」や「社会の規範」の遵守も含まれると考えています。
今日では健全な事業を営むうえでコンプライアンスの重要性が増しています。事業を行うにあたって、必要な情報を収集し、企業市民としての責任を果たすために、コンプライアンス体制を整備しています。

推進体制について

アイネスでは、コンプライアンスを実施していくための体制として、社長を委員長とするリスク管理統括委員会の構成組織として、「コンプライアンス委員会」を設置しています。

コンプライアンス委員会では、コンプライアンスに関する方針の決定、計画の立案、コンプライアンス体制の維持・管理、関係部署との調整、コンプライアンス実施状況の確認、情報の共有、是正対応の推進等を行っています。

内部通報制度について

アイネスでは、社員のコンプライアンスに関する内部通報制度「内部通報110番」を設置し、専用電話、専用eメール、手紙などにより通報を受け付けています。
通報があった場合は、社内調査を実施し対策を講じて問題の解決を図り、結果を通報者にフィードバックしています。また、通報したことを理由として通報者に不利益が生じないよう、通報者の保護をはかっています。
当制度はアイネス社員、アイネスグループ会社社員や派遣社員などアイネスグループで就業するすべての者が利用でき、グループ一丸となって問題の早期解決を図っています。

教育・研修について

 アイネスでは、社員のコンプライアンス意識を高め、理解を促進するためのコンプライアンステキストを作成し、社員がいつでも見られるようイントラネットに掲載しています。

そして、コンプライアンステキストを用いて、グループ会社社員も含め、毎年コンプライアンスに関する研修やeラーニングを実施しています。研修終了後は、コンプライアンスに対する理解度を測るため、コンプライアンスeテストを実施しています。